バイクの盗難やイタズラ対策の保険。ZuttoRide Clubに加入しています。

GROM

こんにちは。くろしばです。

今日はいつもと志向を変えて、バイク盗難保険のお話です。

普段自動車だけを使われる方からすると「なんで盗難保険?任意保険入ってるでしょ?」って思われるかもしれませんが、バイクの任意保険には基本的に車両保険に相当する仕組みはありません。

バイク自体の損傷や盗難については、別途対策を講じる必要があるのです。

そして、残念な事にバイクという乗り物は自動車に比べてもずっと被害に遭う可能性の高い乗り物です。

私自身も複数回バイクの盗難やイタズラを経験しており、盗難保険についてはもう必要経費だと思って加入しています。

ということで、加入している保険「ZuttoRide Club(ずっとライドクラブ)」を丁度更新したところなので、紹介させていただきます。

加入手続きの容易さ、金額、保障範囲など、とてもバランスの取れた良い商品だと思います!

ご紹介するのはこちら

ZuttoRide Club(ずっとライドクラブ)について

ZuttoRide株式会社は、国内・海外のバイクメーカー様に対し、ロードサービスと盗難保険のOEM商品を提供しているオフィシャルパートナー企業です。会員様はもとより、各パートナー会社より高い評価をいただいております。
ZuttoRide Club(ずっとライドクラブ)

と言うことで、バイクメーカーが提供する保険のベース商品としても選ばれるほど、信頼性のある商品であることがわかります。

しば

「Honda」「YAMAHA」「SUZUKI」「Kawasaki」などがこの保険をカスタマイズして提供しています。間違いなしですね!

私がこの保険を選んだ理由

多数ある盗難保険の中から、私がこの保険に加入している理由をご紹介します。

加入のハードルが低い

バイクメーカーや販売店が提供している保険は、加入条件が決められていることが多いです。

例えば以下のような縛りですね。

加入条件の例

  • 自メーカーのバイクのみ(正規店購入時のみ)
  • 自店で購入したバイクのみ

ZuttoRideについては、基本的に加入条件がありません

新車・中古車、購入場所を問わず、また購入からしばらく経ったバイクでも加入することができます。

プランが柔軟

用意されているプランは「盗難保障」と「ロードサービス」、そして二つを組み合わせた「フルサポート」になります。

さらに、盗難保障であれば補償金額、ロードサービスは無料搬送距離などにより細分化されています。

ZuttoRideは、この中から必要な保障だけを選んで加入することができます

保険によっては「盗難」と「ロードサービス」を切り離せない商品もあるので、プランが細分化されているのはZuttoRideのメリットだと思います。

MEMO
ロードサービスは任意保険に含まれているから省きたい」、「バイクが125ccで保険は自動車のファミリーバイク特約なので、ロードサービスだけ追加で入りたい」などの用途にもぴったり。

盗難保障は、よくあるイタズラもカバー

車両自体の盗難は免れた場合でも、車両にイタズラされてしまうケースも想定されるかと思います。

ZuttoRideの盗難保障には「パーツが盗まれた」「鍵穴が壊された」場合の保障まで含まれています。

加入手続きが簡単

見積もりや加入はインターネットから手続きができるので、対面での契約や電話等必要ありません。

私も公式サイトから手続きしましたが、車種や年式等・用途等の必要情報を入力し、決済まで5分程度で加入することができました。

注意
申込時に車検証(標識交付証明書)の画像をアップロードする必要がありますので、お手元に用意の上進んでください。

年会費はかかるけど、安心をとりました

GROM

冒頭にも書きましたが、今まで2台バイクの盗難にあっています。そのバイクは後日発見されましたが、エンジンなどの主要な部品は持ち去られ廃車するしかない状態でした。

当然盗まれないように2重ロック等対策はしていましたがそれでも避けることができなかったという当時の経験から、コストがかかっても盗難保険で備えることにしています。

私の場合は盗難20万円のプランに加入しており、年会費は8,400円。月々に換算すると700円程度です。

この金額で安心してバイクを楽しめるなら、必要経費として有りだと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA