MENU
カテゴリー

FUJIFILM X-H1にオールドレンズ1本で公園散歩。RIKENON 50mmの作例です。

2018 9/05

こんにちは。くろしばです。

先日手に入れたレンズ「Rikenon50mm F2」を晴天の屋外でも使ってみたくて、ちょっと公園を散歩してきました。

他のレンズは一切持っていかないオールドレンズ縛りでしたが、マニュアルフォーカスでじっくり向き合うのがすごく楽しい。

写真中心の記事となりますが、X-H1で撮ったオールドレンズの作例ということでご参考になれば。

[say]見せてもらおうか。和製ズミクロン(廉価版)の実力とやらを![/say]

[note title=”この記事での使用機材”]


[/note]

目次

植物

木や植物など、緑鮮やかな被写体の作例です。

フイルムシミュレーションはアスティア中心。たまにベルビアもあったかも。

X-H1 オールドレンズ

寄れない。

X-H1 オールドレンズ

寄れない。。

X-H1 オールドレンズ

寄れない。。。

X-H1 オールドレンズ

優しいボケ

X-H1 オールドレンズ

レッドロビンが鮮やか

X-H1 オールドレンズ

青空とサルスベリ

[say]
台風直後の強風ということもあり、植物をマニュアルフォーカスで撮るのが難しかった・・。
小さな花とかを狙うと、どうしても寄れないのが気になります。
[/say]

遠景

少しだけ遠く撮った例。やっぱりアスティアです。
X-H1 オールドレンズ

赤もしっかりでます。

X-H1 オールドレンズ

X-H1 オールドレンズ

遠くの鉄塔

X-H1 オールドレンズ

そこそこ絞ったような気がする

[say]
色はしっかりのる印象ですが、遠景だと解像感はあんまり?
[/say]

スナップ

何かを狙う訳でもなく、歩きながら気になったものをサラッと撮っています。
クラシッククロームばっかりです。
X-H1 オールドレンズ

公園ぽさがない

X-H1 オールドレンズ

ベンチを見ると撮りたくなる

X-H1 オールドレンズ

影を撮りたい

X-H1 オールドレンズ

X-H1 オールドレンズ

石の質感

X-H1 オールドレンズ

レンガ割れた

X-H1 オールドレンズ

レンガ色

X-H1 オールドレンズ

パンダは可愛く補正しました

[say]
オールドレンズとFUJIFILMのフイルムシミュレーションってすごく相性がいい気がする。
[/say]

屋外でRIKENON 50mmを使ってみた感想

X-H1 オールドレンズ

青空や植物の色も良く出るし、適度に柔らかくて個人的には好きです。

驚くような良さはないけどあまりクセがないので使いやすい印象。

和製ズミクロンは言い過ぎな気もしますが、当時新品でも1万円を切っていたレンズと考えると素晴らしいなあと思います。

EVFのおかげでマニュアルフォーカスも楽しいし、今の中古価格なら1本入手して遊んでみるのもオススメです。

番外編

[say]
アイキャッチのパンダ、撮って出しだとちょっとホラーな感じになっちゃって。
現像あまりやったことがないって呟いたら、ツイッターの先輩たちがレタッチとはなんたるかを教えてくれました。
[/say]

[say]
よこっちさん、あいかさん、ありがとうございました!でもこれ、子供向けの遊具だからね?
[/say]

X-H1に関する記事はこちら


[tagpost id=”43″ num=”3″]

Rikenon50mmに関する記事はこちら

[tagpost id=”51″ num=”3″]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる