X-T2と春のお散歩

桜、咲いてますか?くろしばです。

毎年ゆっくりとお花見をしたいと思ってるんですが、休みや天気に恵まれず中々実現してません。
またタイミング逃すと悲しいので、3分咲きという情報を見なかったことにして突撃してきました!

拙い作例ではありますが、FUJIFILM機の素敵な色の出方をお伝えできればと思います。
※写真多めです。

お花見会場


ここ、アニメの聖地なんだそうです。
私はあまり詳しくないんだけど、フィギュアとか持って写真撮ってる方もたくさんいました。

後ろを走るモノレールでわかるかな?

桜を撮ってみました


枝垂れ桜。

 

良い色

 


少しホワイトバランスをいじってみたり。

 

 

桜以外も咲いてたよ!

 

フィルムシミュレーションで遊ぼう

このままでは本当に「お花見してきたよ!」の記事で終わってしまう…自分の無計画さに少し慌ててきました。
急遽、フィルムシミュレーションを変えて色味の比較なんてやってみようと思います。

それぞれの絵作りをどうぞ。

Provia

Velvia

Astia

クラシッククローム

PRO Neg.Hi

PRO Neg.Std

Acros

いかがですか?ProviaやVelviaは、花も鮮やかでとても気持ちいいですね。

私個人的には、最近PRONegの落ち着いた雰囲気がすごく好きで、多用しています。

フィルムシミュレーションは撮る前に「これ!」と気分で決める事が多いのですが、FUJIFILMの純正現像ソフト「X RAW STUDIO」やカメラ内現像を利用すると、後からでもガラッと雰囲気を変える事ができて楽しいです。

どのメーカーも、このような色合いを変える仕組みを持っていますが、ここまで全てのモードが「使える色」を出してくれるメーカーって、少ないんじゃないかなあ。

FIJIFILMの色、すごく好き。

あとがき


この日は曇りがちで、満開の桜と青空!みたいな写真は撮れませんでしたが、我が子は「お花見に行ったよ!(そしてフランクフルト食べたよ)」という事で楽しかったみたいです。

普段車で出かけるところを電車で移動したり、レジャーシート敷いて外でご飯食べたり、ちょっと変化をつけるだけで子供って大はしゃぎしてくれますよね!

いい思い出ができたと5歳児に言われ、父ちゃん大満足のお花見でした。


使用機材はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です