ポパイカメラさんで35mmフィルムの郵送現像+データ化をお願いしました。

ポパイカメラ 郵送現像

東京自由が丘にお店を構えるポパイカメラさん。

依頼時に写真の仕上がりについての指定ができるというこだわりのお店で、フィルム好きの皆様から度々評判を聞いていました。「ここぞ」という時の現像はぜひお願いしたいと考えていましたが、自宅からちょっと遠くこれまで足を運ぶことができていませんでした。

今回、年末に購入したナチュラクラシカ+頂き物の大事なポートラ800という自分の中でドキドキする組み合わせが撮り終わったので、「ポパイカメラさんにお願いしてみたいな」ということで郵送現像を依頼しました。

出来上がった写真については別途記事にするとして、こちらでは「ポパイカメラさんの郵送現像」について紹介していきます。

今回お願いしたのはフィルムの「郵送現像+データ化」

ポパイカメラ 郵送現像

ポパイカメラさんで現像と同時にデータ化をお願いする場合、データのサイズや受け取り方法により料金が変わってきます。今回私は「A5サイズ、USBメモリでのデータ納品」をお願いしました。

データ化のサイズについて

2L, A5, A4の3サイズ。

ちなみにサイズ感てどんなもんだろ?と悩みましたが、納品されたA5のサイズは2692×1830でした。

料金

2L A5 A4
料金(フィルム1本ごと) 600円 700円 2,000円

※料金は36枚の場合。24/27枚は50円引き。また、プリントと同時だと料金変わるようです。

受け取り方法について

LINE送信、CD、USBが選べます。

USBについては、初回にポパイカメラさん用のUSBメモリを購入する必要がありますが、1度買ってしまえば次からは受け取り費用がかからないのでリピート予定の方は最終的にお得になります。

料金

LINE送信(フィルム1本ごと) CD(ディスク1枚ごと) USB
料金 150円 250円 0円

※USBは初回のみ購入費用1,280円

費用感(総額)

以上を踏まえて、最終的にかかった費用について。

  • 現像
    550円(フィルム本数分。24/27枚は50円引き)
  • データ化
    上記、サイズの指定による料金。
  • データの受け渡し
    上記、受け取り方法の指定による料金。
  • 送料
    450円

自分の場合、5本のフィルムをお願いしたので総額で8,000円弱でした。(初回USB購入費用含む)

依頼の流れ

ポパイカメラさんはオーダーの方法や決済手段などがどんどん使いやすくなっていて、以前自分が調べたときとも少し変わっていました。こちらでは、2019年2月に自分が依頼したときの流れです。

詳細や最新の情報は公式ページで一度ご確認ください。

参考 郵送現像&プリントサービスポパイカメラ

 

  • STEP1
    店舗ホームページの専用フォームからオーダー

    フィルムの種類によりフォームが変わります。
    35mmの場合はこちら

    この画面で、仕上げの希望や使用カメラ(参考情報)なども入力できます。

    しば

    以前は紙で出力して、自分で記入する方式だったと記憶しています。
    便利になりましたね!
  • STEP2
    指定の住所にフィルムを送付
    私はいつものように、郵便局のレターパックを使いました。

    送付先はオーダー内容やタイミングにより変わるようなので、公式ページをご確認ください。私の時は大分ラボ宛でした。

    〒879-3205
    大分県佐伯市宇目大字千束3060
    ポパイカメラ大分ラボ
    TEL:050-3628-4066
    郵送現像&プリントサービス

    氏名でオーダーとフィルムの紐付けを行うようなので、STEP1で入力した名前で送付するようにしてください。

  • STEP3
    フィルムの到着連絡(メール)受領
    レターパックを投函した翌日にメール受領。

    支払いや発送についてのスケジュール感等をご連絡いただきました。

  • STEP4
    支払い案内(メール)受領

    金額確定後、お支払いについてのメールを受領。

    私の場合クレジットカード決済をお願いしていたので、指定のURLから決済手続きをしました。

  • STEP5
    出荷案内(メール)受領
    支払いが完了していれば、作業の完了次第出荷となります。

  • STEP6
    商品到着

納期の目安については公式ページで1週間〜10日程度と記載されています。

今回のオーダーでは、1/30大分ラボにフィルム到着〜2/4出荷というスケジュールでした。

ポパイカメラさんにお願いしてみて

ポパイカメラ 郵送現像

ホームページから簡単にオーダー入力できるようになり、かなりお願いしやすくなったと思います。納期に関しては混雑具合にも左右されるとは思いますが、想像より早く納品いただきました。

料金も専用USBの用意などリピーターに優しい仕組みがあり、仕上がり指定などこだわりの現像をお願いできることを考えたら決して高くはないと思います。

 

今回5本一気に現像したわけですが、返送いただいた伝票にデータ(ネガ)とフィルムの紐付けができる情報を記載いただいたのが個人的にありがたかったです。
ポパイカメラ 郵送現像

オーダー時にどんなカメラで撮ったかを参考情報として入力していますが、そちらも記載いただいています。

写真の通り、初めてのオーダーなので仕上がりについては全ておまかせとさせていただきましたが、大満足のものを納品いただきました。そちらの記事も見ていってくださいね。

現像してもらった写真

Kodak PORTRA800(ポートラ800)の作例紹介。人物から風景まで鮮やかに写してくれてお気に入りのフィルムです。 Kodak GOLD200Kodak GOLD200(ゴールド200)の作例紹介。暖かい色味の使いやすいフィルム。 Kodak Ektar100 作例Kodak Ektar100(エクター100)の作例。彩やかな色で風景を印象的に残してくれるフィルム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です