子供の写真をプリントしよう

撮った写真はクラウドで管理していました。くろしばです。

平日は仕事でほとんど子供と遊べないので、なるべく休日は一緒に出かけるようにしています。

子供の成長を見てるのが楽しくて、できるだけ沢山写真を残したいという思いから、ちょっとの散歩でもカメラを持ち歩いています。
そんなある日、子供に言われた一言にハッとしました。

「おとうちゃん、いつも写真撮ってるけど昔の写真ってどこ行っちゃったの?」

撮った写真を気軽に振り返れる状況を作らねばと思い、この記事を書きました。

今までの写真管理

結構な枚数撮影をするのですが、基本的に全てPCに取り込み、Lightroomで管理しています。

その中からお気に入りを選抜し、ケータイで見れるようにAppleの写真アプリにも取り込んでいます。

Lightroomのカタログは年ごとに作成しているため、この過程で写真アプリに入れていない写真はほとんど振り返るキッカケがなくなっていました。

自分が子供の時、どうだったっけ?

自分が子供の頃はフィルムの時代なので、基本的に写真はプリントされアルバムに整理されていました。

家族の集まるリビングの棚にアルバムが並べられ、すごく気軽に思い出を振り返る事ができていたように思います。

大人になってからも何度かアルバムを開きましたが、今の自分よりも若い父親が必死に鯉のぼり立てている姿なんて写真がなければ思い出せなかったと思います。

デジカメで撮った写真も、プリントして残そう


改めて考えると、「写真を撮ること」「撮った写真を現像すること」「割と最近の写真を振り返ること」という楽しみ方はできるのですが、写真の魅力ってそれだけじゃないんですね。

今の管理では「私自身」は写真を楽しんでいても、それは「家族写真」とは言えなかったのかもしれません。
個人のPCやケータイに保存された写真なんて、他の人は見ることすらできない…。

そんなことを5歳児に気づかされました。

ものすごく凝ったアルバムじゃなくていいと思います。いつ、どんな状況で撮った写真かがわかれば十分なんです。
子供が大きくなった時にアルバムを見て笑えるように、これからは撮った写真をプリントして、みんなで楽しめる形で残そうと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です