庭で気軽にアウトドア。カセットコンロなら手間もなくBBQ気分が味わえます。

こんにちは。くろしばです。

折角の休日。本当ならばキャンプ場で思いっきり子供を遊ばせてあげたいところですが、準備も大変だし天候にもなかなか恵まれず。

かと言って、自宅でバーベキューを始めちゃうと炭火の準備など結構負担がかかります。

予め計画していれば準備も含めて楽しんじゃいますが、なかなか思い立ってすぐ実行は難しいですよね。

そんな時、うちではカセットコンロで気軽にバーベキューを楽しんでいます。

準備も片付けもあっという間。外で食べるご飯は美味しいし、子供も嬉しそう。

ということで、今日は家庭でも便利なコンロ、グリルを紹介します。

使った機材はこちら
created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥7,500 (2019/05/20 23:05:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥10,800 (2019/05/20 20:31:37時点 Amazon調べ-詳細)

ユニフレーム 焚き火テーブル

ユニフレーム 焚き火テーブル

まずは、愛用しているテーブルのご紹介。

キッチン周りのアイテムからテント、タープなど、高品質のアウトドア用品を作っているユニフレーム。

この焚き火テーブルは、複数購入して使っている方も多数いるほどの人気商品になります。

おすすめポイント

  • コンパクトに収納でき、組み立ても簡単
  • 天板がステンレスで頑丈(熱い鍋など置いてもヘーキ)
  • 掃除が簡単(ステンレスのキッチンを想像してください。さっと一拭き)
ユニフレーム 焚き火テーブル

組み立ては本体に収納されている脚を起こして挟み込むだけ。わずか10秒で完成

しば

数人で食事をするには小さいので、サブテーブルや調理台としての用途にあうと思います。
created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥7,500 (2019/05/20 23:05:43時点 Amazon調べ-詳細)

ユニフレーム テーブルトップバーナー US-D

ユニフレーム テーブルトップバーナー US-D

こちらも、先ほどの焚き火テーブルと同じメーカーの商品です。

カセットコントであればこの商品よりコンパクトなものも沢山ありますが、私がこちらを選んだ理由は「頑丈さ」。

写真でも確認いただけますが、アウトドア用のカセットコンロでこの丈夫な五徳は珍しいですよね。重い鍋やダッチオーブンも不安なく使えます。まさに、キャンプ向き

折りたたみができないので登山などの用途には合いませんが、車移動を想定したキャンプであれば十分にコンパクトな部類だと思います。

おすすめポイント

  • 重量に負けない五徳
  • カセットガスを本体から離して配置できるため、ダッチオーブンでも使える
ユニフレーム US-D

収納時

ユニフレーム US-D

畳むことはできませんが、車移動であれば問題なし

しば

ダッチオーブンが使えるカセットコンロって少ないので、重宝しています。
注意
ダッチオーブンは輻射熱を発するため、通常のコンロで使用するとカセットガスが高温になり爆発の危険があります。
本製品もカセットガスを鍋から離して設置することで利用可能ではありますが、十分に注意してください。
created by Rinker
ユニフレーム(UNIFLAME)
¥10,800 (2019/05/20 20:31:37時点 Amazon調べ-詳細)

イワタニ 網焼きプレート

イワタニ 網焼きプレート

こちらはカセットコンロ界隈で有名なイワタニの「網焼きプレート」というアクセサリー。

その名の通り、カセットコンロで網焼きが楽しめます。

使い方は簡単。プレートを組み立てて中のくぼみに水を張るだけ。

プレートの輻射熱と水蒸気で、美味しく焼きあがるという素敵なアイテムです。

おすすめポイント

  • 組み立て簡単
  • 掃除も簡単
網焼きプレート

原理はこんな感じ

ユニフレーム テーブルトップバーナー US-D

このプレートをはめて、水を張るだけで使えます

網焼きプレート

火力は弱めの印象。じっくり火を通す感じ。

しば

焼くのに少し時間がかかるのは難点ですが、フランクフルトを焼いてる雰囲気で子供はバーベキュー気分になれたみたい。

まとめ

バーベキューとかアウトドアを本気で楽しもうとするとそれなりに準備も必要ですが、カセットコンロだったら休日のお昼にちょっと外でご飯食べようか!って気分になりますよね。

普段とちょっと違ったことをするだけで、子供が大イベントのようにはしゃいでくれるのでつい頑張っちゃいます。

カセットコンロであれば大体どこの家庭にもあると思うので、冬の鍋専用じゃなくて、ぜひ日常で使ってみてください。

しば

記事のテーマからは少し外れますが、カセットコンロを普段から使うことでガスも常備されると思いますし、ちゃんと手入れもすると思います。
それ自体が、いざという時の備えにもなると思うのです。アウトドアの道具や知識は、災害時にも絶対役立ちます。今回はコンロの紹介ですが、他にも色んな道具に興味を持っていただけたら嬉しいです。

気軽に使える炭火用のグリルも買いました

カマド スマートグリル バウルーキャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)の小さな焚き火台「カマド スマートグリル」をレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA