【レビュー】ヘリノックスのチェアはキャンプだけでなく普段使いにも便利

ヘリノックス

こんにちは。くろしばです。

私がキャンプ用に購入し、2年ほど愛用している小型のチェア「Helinox(ヘリノックス)」

アウトドア用品として紹介されることが多いこの商品ですが、日常の様々なシーンにおいても活躍してくれています。

これから夏に向けてキャンプデビューをお考えの方にも、自信を持ってオススメできる商品ですのでご紹介させてください。

Helinox(ヘリノックス)のチェア

ヘリノックス
サイズや素材、デザインの違いなど豊富にラインナップされています。

ちょっと見ない間にものすごく種類が増えた気もするけど、これだけあれば好みのチェアが選べますね。

参考 チェアー(CHAIR)Helinox(ヘリノックス)

このシリーズ、アウトドア用に購入したはずがあまりの使い勝手の良さに室内で使っちゃってる方も多数。(私もです)

室内利用時の注意
脚が細くそのまま使用すると床に傷をつけてしまうため、何か敷くなどの対策は必要です。

純正でカスタムパーツもありますが、結構高いしチェアの種類により対応していないので、ホームセンターなどで似たようなパーツ探したほうがいいかも…。

愛用している「タクティカルチェア」の特徴をご紹介

たくさんある種類の中から、私は基本ラインの一つである「タクティカルチェア」を選びました。(当時、そんなに種類なかったし)

ちょっとミリタリーな雰囲気がアウトドアにぴったりで気に入っています。

ヘリノックスのチェアに共通した特徴となりますが、おすすめポイントを紹介させていただきます。

折りたたみ可能で軽量コンパクト

キッチンスケールで測れる軽さ。子供の定規ではちょっと長さが足りない。
(レビューとしてどうなんだ…)

怒られそうなので、公式のスペックを記載しておきます。

使用時サイズ 52cm×53cm×67cm(幅・奥行き・高さ)
収納時サイズ 37cm×10cm×12cm(幅・奥行き・高さ)
総重量 1,020g

気軽に持ち歩けるサイズ感が魅力的。実測が公式より軽くなってしまったのはなぜ?

組み立てがとにかく簡単

アウトドアに興味がないうちの家族でも1分で組み立てることが可能。もちろん、収納も楽ちんです。

STEP.1
中身を取り出す
ヘリノックス タクティカルチェア
STEP.2
フレームを組む

フレームの中にショックコードというゴムが通っているので、導かれるままに連結するだけです。

というか、振っているとほとんど勝手に組みあがっています。

組みあがるとこんな感じ。

MEMO
ここで、フレームに収納袋を引っ掛けておくと小物入れとして利用できます。
収納袋の紛失も防げますね。
STEP.3
フレームに座面の生地をはめ込む

4か所あります。フレームに吊るすようなイメージではめ込みます。

STEP.4
完成

あっという間にできました。

しば

関係ないけど、上の部分はSANGOのタイムラインっていうショートコード使ってます。最高です。

最高の素材によりとても丈夫

上の写真にもちょっと写っていますが、ヘリノックスではDAC社製のフレームが使われています。

DAC社のフレームは、高性能テントでおなじみのHILLEBERGなど多くの有名メーカーがテントのポールとして採用しており、過酷な利用環境を想定した山岳用テントに使用されるくらい信頼性の高いものです。

生地もしっかりと補強されており、対荷重145kgを実現しています。
自分の上に子供乗っても100Kg行かないけど、このオーバースペックに男心がくすぐられます。

自分は「アウトドアの道具は使ってこそ輝く」と思っている人なので結構ガンガン使っていますが、2年経過して今の所気になるヘタレなどはありません。

コンパクトチェアとは思えない座り心地

そして、一番の特徴が座り心地の良さだと思います。

アウトドア用のコンパクトチェアに座り心地なんて求めない!という方もいらっしゃるかと思いますが一応紹介させてもらうと、「ハンモックのような気持ちよさ」です。

適度にしなるフレームと生地を吊るす構造のためだと思いますが、座るというより全身をあずける感じでリラックスすることができます。

ちょっと組み立てて庭に置いておくと、大抵数分後には息子がやってきます。

この後、全く椅子から離れなくなりました

まさに、人をダメにする椅子…

まとめ

正直、折りたたみ用のチェアとしてはいいお値段しますし、ちょっとお庭でバーベキューなどの利用であれば下に紹介するアウトドアチェアの方が目的に合うかなと思います。(こっちも使っています。コスパ良いです。)

それでもヘリノックスをお勧めするのは、実際に今までなんども「あってよかったなあ」という体験をしているから。

ちょっと思い返してみます。

  • 運動会の場所取りで並んで来いと司令を受けた
    夜中からずっと外で待ったんですよ。椅子があってよかった…。
  • 公園にレジャーシート敷いてご飯食べようとしたら自分の場所がなかった
    レジャーシート持っていったの自分なんですけどね。椅子があってよかった…。
  • 外で洗車していたら家に誰もいない。鍵しまってる。
    車やバイクの足回り洗車する時とか低い椅子があると便利なんですよね。腰痛くならないし。待ちぼうけの状況でも、椅子があってよかった…。
世の中には振り返らない方がいいこともあるようですが、実際、「リュックに入るサイズ」で「あっという間に組み立てできる」というのは活躍する状況も多く本当に助かります。

子供も危なげなく座れるので、外出先でちょっと休ませてあげたい時にさっと組み立てて休憩取れるのは家族にも好評です。(イスが迷惑にならない場所であればですが)

そして、日常において大活躍するヘリノックスですがやっぱり一番輝くのはアウトドアだと思っています。

キャンプや釣りとの相性は抜群ですし、できるだけ荷物を減らしたいツーリングなんかにもピッタリ。

晴れた日のキャンプ場で、楽しそうに走り回る子供を眺めながらヘリノックスでゆったりと。最高じゃないですか?

ということで、ちょっと高いけど愛着を持って長く使える道具です。買ってよかったと思えるものなので、ここでご紹介させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA