MENU
カテゴリー

RICOH(リコー) GR3で撮る風景の作例。印旛沼の朝日を撮ってきた。(イメージコントロール:スタンダード)

2019 4/16

同じような写真ばかりになってしまいますが、今度は印旛沼での朝日をRICOH GR3で撮ってみたという記事。

X-H1の記事で書いた「試したいこと」のもう一つが、「X-H1を持ち出せないような状況(軽装)において、GR3で満足できそうか?スナップが強いのは分かっているけど、風景はどう?」というのを確かめてくること。

また、こちらも絵作りの設定である「イメージコントロール」をいじってみて、好みのパラメータを見つけたいという思惑もあったり。

GR3は全て手持ちで撮っており、シャッタースピードが1/30秒というちょっと手振れギリギリの写真もあります。その点、三脚を使っていたX-H1より不利な条件になっていますが、私の感覚では「全然風景もいけますね大好き!」です。

富士の色とはまた違うんだけど、GRの空もやっぱり良いよなあ。

あわせて読みたい
富士フイルム X-H1で撮る印旛沼の朝日。風景用のフィルムシミュレーションを試してきた。
富士フイルム X-H1で撮る印旛沼の朝日。風景用のフィルムシミュレーションを試してきた。以前にもご紹介していますが、早朝の印旛沼にまた行ってきました。同じ場所でも空の具合により様々な表情を楽ませてくれる、千葉のオススメ写真スポットです。この日は...
目次

イメージコントロールはスタンダード

パラメータ
  • 彩度 +1
  • 色相 0
  • キー 0
  • コントラスト +1
  • コントラスト(明部) -1
  • コントラスト(暗部) 0
  • シャープネス 0
  • シェーディング 0
  • 明瞭度 0

少し彩度を上げた設定になっていますが、大きくは変更していません。GRってデフォルトでも結構シャープだと思っているので、シャープネスと明瞭度は0。

まだ各パラメータの特徴がつかめていないのですが、色相はグリーンとマゼンダの色かぶり補正?コントラストの(明部/暗部)、キーとは違うんですよね?どなたか、詳しい方教えて・・・。

イメージコントロールとは別ですが、周辺光量補正はOFFにしています。かなり光量落ちが見られますが、なんとなくそれも良いかなって気分だったので。

GR3で撮る朝の風景

上にも書きましたが、全て手持ち撮影です。ISOは100に固定していたので、結構手振れ補正に助けてもらっているのかも。

印旛沼 朝日 RICOH GR3
印旛沼 朝日 RICOH GR3
印旛沼 朝日 RICOH GR3
印旛沼 朝日 RICOH GR3
印旛沼 朝日 RICOH GR3
印旛沼 朝日 RICOH GR3

ホワイトバランスは同じように指定したつもりだけど、GR3はグリーンが強くでる気がします。色相のパラメータを好みで調整すればいいのかな。

また、明瞭度についてもプラスしていいかも?

(参考)Lightroomでの現像

こちらもLightroomで現像した写真を一応置いておきます。

GR3の写真って、すごく好きな感じに現像できるんですよね。レンズとセンサーの良さなのかな。

イメージコントロールは追い込む必要があるけど、GRで撮る風景は好き

今のところまだLightroom使ったほうが自分の好きな雰囲気が出せるので、もっと設定を追い込んで好みに近づけたいと思っています。

でも、これだけ撮れるのであればX-H1を望遠寄りにして、GR3に広角~標準域を任せるような使い方も有りですよね。良いカメラだわ。。

使用機材

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる