いつでも持ち出せるカメラとしてX100Fを入手。X-H1のサブにぴったり。

X100F

こんにちは。くろしばです。

以前から気軽に持ち出せる、コンパクトなカメラが欲しいなあと考えていました。

当初は発表されたばかりのXF10やRICOHのGR2など候補となるカメラを調べていましたが、実機を触りに行ったフジフイルムイメージングプラザで出会ったX100Fに一目惚れ。

そこから手に入れるまでは早かったのですが、実際に使ってみたらX-H1とお互いの苦手な面を補完しあう最高の組み合わせのように感じています。

X100Fを手に入れるまでの経緯や作例等、この魅力的な機種を紹介したいと思います。

サブカメラが欲しいと思うようになったきっかけ

自分のツイッターを振り返ると、仕事の出先とかでいいなあって景色に出会うことが多くて、そんな時やっぱりカバンの中にカメラあれば・・・って考えることが増えました。

カメラがない。

ない。

やっぱりない。

iPhoneもすごく良く撮れるのですが、腕のない自分はやっぱりカメラに助けて欲しい。

ちょうどいいタイミングで発表されたXF10を検討する

created by Rinker
富士フイルム
¥42,470 (2019/05/21 09:32:02時点 Amazon調べ-詳細)

Yahooのポイント5倍デーに覗いてみたら実質5万円をきるという破格の設定に我慢ができず、一旦は予約をしました。

ベイヤーセンサーが・・・なんて声も聞こえますが、同じベイヤーのX100Tで撮った作例とかみたら、めちゃくちゃ良い色。大好き。

参考 XF10富士フイルム

実機を触ってきた

我慢できず、フジフイルムイメージングプラザにて実機を触らせてもらいました。

触ってみた印象

  • 値段以上の高級感。ゴールドのレザーはエイジングも楽しめそう
  • いつでも持ち歩けるサイズ。この小ささでAPS-Cのセンサーは魅力的
  • タッチ操作前提のUIは慣れるか不安

全体的な印象としてはとても良く、画質については富士フイルムなので全く心配はしていません。

気になる点としては、やはりUI。スティックによるフォーカス移動は慣れ親しんだものなので問題ありませんが、十字キーをなくしてタッチパネルでの操作が受け入れられるか・・・。

普段ミラーレスを使っている人ほど、操作性の違いに違和感を感じそう。

GRの良いライバルになる機種だと思うのですが、速射性やスムーズな設定変更などの面ではやはり物理キーが使えるGRが一歩上かなあと感じました。

XF10の隣に展示してあったX100Fがすごく気になる

created by Rinker
富士フイルム
¥113,000 (2019/05/21 03:00:53時点 Amazon調べ-詳細)

元々憧れていた、X-Pro2と同じレンジファインダースタイル。

コンデジとしては大きいけど、全然普段持ち歩けるサイズでこれはアリなんじゃないか・・?

むしろ、ミラーレスの操作に慣れている身としてはすごくしっくりくる。

メイン機として使っているX-H1のバッテリーが共有できるというのも大きなメリット。予備バッテリーが増えるようなものですもんね。

X-H1FUJIFILM X-H1購入レビュー 強力な手振れ補正やレスポンスの良さが魅力。安心して長く使えるカメラ。

しば

記事にも書いていますが、バッテリーが持たなくて・・。

ということで、気がつくとX100Fが手元にありました。

X100F

すごく良く作り込まれたカメラで、所有満足度はめちゃくちゃ高いです。

実際に通勤用の鞄に入れて毎日持ち歩いていますし、休日のちょっとした外出時にも持ち出すことができます。

X-H1とはまた違った楽しさがありますし、逆にこのカメラがあって改めてX-H1の良さを感じた部分もあります。

両機の得意分野が分かれているためうまく使い分けができており、最高の2台体制が構築できました。

これからガンガン使っていきたいと思います。

X100Fの作例

下の記事で、作例を沢山載せているのでみて行ってください。

FUJIFILM X100Fを持って散歩してきました(成田駅〜成田山新勝寺) 須賀神社常に持ち歩けるX100Fなら仕事帰りに思いつきで散歩できちゃう。そうだ、新宿いこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA