フィルムで失敗写真を減らしたい。まずは露出を意識する事からはじめます。

こんにちは。くろしばです。

ちょっと沼の入り口を覗き見するつもりで手に入れたフィルムカメラのXR-2s。フィルムならではの温かく懐かしさを感じる写真はとても魅力的だし、現像するまで結果が見れないワクワク感も楽しい。

とても気に入って使用しているわけですが、悲しいことに失敗写真を量産してしまっています。

フィルムならではの味として楽しめている部分もあるのですが、どうせならイメージした通りの写真を撮れるようになりたい!

そのためには、露出の感覚を身につければいいのかな・・?という、ただ悩んでいるだけの記事です。

スマホの露出計アプリなんかも導入してみましたが、僕は他に何をすればよいですか!?

しば

僕の、僕による、僕のための記事。ブログで助けを求めるスタイル。

失敗しちゃった

まず使用しているXR-2sというカメラですが、露出計がついています。

絞り優先AEが使える機種なのでシャッタースピードをAUTOにして普段は撮影しており、ファインダー内で確認できる露出計でも適正露出であることを確認している(つもり)です。

で、結果がこちら。


しば

なんか思ってたのと違う。。

キレイに撮れることもあるんです

運動会の写真を2枚。同じ日に同じ場所で撮ったのに、こんなに色が違うんです。

2枚目の青空なんかはフィルムらしくて好きな色なんだけどなあ。これを狙って撮れるようになりたい。

フィルム 運動会
フィルム 運動会

カメラ任せではなく、露出の感覚を磨こうと思う

デジタルから写真に入ったので、フィルム世代の方が習得しておられる露出の感覚というものを自分は持っていません。全て、優秀なカメラにお任せで生きてきました。

露出計を購入・・・とまではいきませんが、まずはスマホに露出計のアプリを入れて「自分が撮ろうとしているこの風景は大体○○EVなのね!」という感覚を身につけたいと思っています。

「覚える露出計」というピッタリな無料アプリがあった

覚える露出計

覚える露出計

EIGHTIVE DESIGN, Inc.無料posted withアプリーチ

このアプリを起動してカメラを向けると、AutoEVという欄に基準となるEVが表示されます。

また、そのEVに対し適正となる「絞り」「シャッタースピード」「ISO」の組み合わせも確認することができるので、まずは色々なシチュエーションでこのアプリを使ってみて慣れていこうと思います。

この例だと電気のついた明るい屋内になるのですが、適正EVが7.8と言うことで、

  • F1.4 : SS1/125
  • F2.0 : SS1/60
  • F2.8 : SS1/30
のような形で絞りとシャッタースピードを確認できます。ISOの指定も可能です。

ちなみに、露出の考え方についてはこちらの記事を参考に勉強させて頂きました。とてもわかりやすい。

フィルムとデジタル、どっちも好き

冒頭で沼の入り口を覗き見なんて書きましたが、もうフィルムが好きになっているのです。

もちろんデジタルで撮る写真、特にFUJIFILMの色が大好きなので、両方とも使っていきたいと思っています。

フィルム 刑部岬 飯岡
刑部岬 夕焼け 飯岡

ということで、これ以上失敗写真を増やすとフィルム禁止されそうなので基礎から勉強します。

ちゃんと撮れるようになるかな・・・。

XR-2sに関する記事はこちら

TRIP35 作例桜カメラさんで郵送現像したフィルムが戻ってきた。TRIP35デビュー。FUJIFILM 業務用100 作例初めてのフィルム撮影。RICOH XR-2sとRikenon50mmによる作例です。RICOH XR-2s千葉でフィルムカメラを。「プリント工房小仲台店」に行ってきたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です